過剰な洗顔はニキビを悪化させる

ニキビ肌は清潔を保つことが治りをよくする近道です。しかし、間違た洗顔でかえってニキビを悪化させていることもあります。ニキビができると清潔を心がけるあまり、過剰に洗顔をしてしまいがちです。洗顔の目的は余分な皮脂を落とすことです。肌には水分を保持する天然保湿因子や細胞間脂質が存在しています。

洗顔をすると余分な皮脂だけでなく、肌にもともと存在している保湿成分まで洗い流してしまうので、乾燥が進行します。乾燥した肌はバリアが低下しているので、守ろうとして角質が厚くなる過角化という現象が起こります。厚くなった角質で毛穴がふさがれて、たまった皮脂やアクネ菌でニキビになります。

洗顔は1日2回朝と夜の2回で充分です。寝ている間に保湿成分が回復するのですが、朝に洗顔料を使うと回復した保湿成分が洗い流されます。朝は得ている間に出た皮脂汚れしかついていません。皮脂汚れはぬるま湯で落とせるので、朝はぬるま湯だけの洗顔にしましょう。夜の洗顔は洗顔料を使ってTゾーンなど皮脂が気になるところを中心に洗います。過剰な洗顔をやめれば肌が回復してきて、ニキビの治りがよくなります。

previous page